会社概要 - 株式会社富士オリエンタルヴァンライン ページの先頭です

会社概要

会社概要

会社名 株式会社富士オリエンタルヴァンライン

所在地 〒657−0854 神戸市灘区摩耶埠頭30
TEL (078)871−5241(代)〜 8
FAX (078)882−5433

設立 昭和29年12月15日

資本金 4,800万円 (授権資本9,600万円 )

役員 代表取締役社長 石原 尚夫
取締役 部長 渡辺 博之
取締役 部長 藤山 剛
取締役 部長 石原 康治

取引金融機関名 りそな銀行神戸支店
みずほ銀行神戸支店
三井住友銀行神戸営業部
三菱東京UFJ銀行神戸支店

加入団体組合 神戸商工会議所
神戸通関業会
日本関税協会
神戸海運貨物取扱業組合
神戸港沿岸荷役業会
神戸港はしけ運送事業共同組合
日本インターナショナルフォワーダーズ協会
社団法人 日本倉庫協会

関連企業

会社名 日本輸機メンテナンス株式会社

所在地 〒657−0854 神戸市灘区摩耶埠頭30
TEL (078)891−5251(代)
FAX (078)882−5433
沿革 昭和37年 1月17日 資本金を100万円とし、オリエンタルヴァンラインとして営業する。
昭和39年 8月1日 株式会社富士通運と合併、資本金を600万円とし、社名を株式会社富士オリエンタルヴァンラインと改称
昭和41年 3月15日 資本金を1,600万円に増資
昭和41年 10月1日 神戸市灘区摩耶埠頭に社屋上屋、コンテナヤードを建設
昭和46年 4月15日 資本金を2,400万円に増資
昭和52年 3月26日 資本金を4,800万円に増資 現在に至る

一般事業主行動計画


1,一般事業主行動計画の公表について
 株式会社富士オリエンタルヴァンラインは「次世代育成支援対策推進法」に基づき
「一般事業主行動計画」を公表します。

2,次世代育成支援対策法とは
 次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、 国民が担う責務を明らかにし、平成17年4月1日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。

3,一般事業主行動計画とは
 企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

株式会社富士オリエンタルヴァンライン 行動計画


 社員が、会社での仕事と家庭や子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくる
ことにより、全ての社員がその能力を十分に発揮できるよう策定した行動計画です。

計画期間 平成28年10月1日〜平成31年9月30日

内容 [育児休業取得及び、復帰後の働き方の整備]
目標:育児休業取得促進し、原職等に復帰させる

対策1:管理職研修で育児休業についての教育を行い、社員が育児休業を取得するように促し、原職等に復帰させることを周知させる。

期間:平成28年10月1日〜平成29年9月30日


対策2:従業員へのヒアリング等により制度の認知度を確認し、向上させる。

期間:平成29年10月1日〜平成31年9月30日